頭皮にきびの原因とホホバオイルを使ったケア方法

頭皮のにきびは、皮脂の増加や地肌の乾燥が原因です。元々皮脂の多い肌は、菌が繁殖しやすいといわれています。元々脂っぽくない人でも、地肌の水分が減少すると、これ以上乾燥させないようにと大量の皮脂が分泌されるので、地肌が脂っぽくなってしまいます。頭皮には髪の毛があり、顔などの肌とは違ってケアしにくい場所です。そのため知らず知らずのうちに環境が乱れてしまい、にきびなどのトラブルが起こってしまうのです。ホホバオイルは過剰な皮脂と肌の乾燥対策に効果のあるオイルだといわれています。ホホバオイルはホホバという植物から採れる天然のオイルで、やさしく頭皮をケアする方法として近年注目されています。「皮脂という脂があるのに、さらに油を加えたら悪化してしまうのでは」と考える人がいますが、それは間違いです。オイルは似たような成分を合わせると混ざり合う性質があるので、肌になじませることで皮脂を簡単に取り除くことができるのです。ホホバオイルには高い保湿効果があり、地肌のさらなる乾燥を防いでくれるので、同じ症状を繰り返す心配がなくなります。オイルは髪を洗う前に、地肌をマッサージするようにして使います。蒸しタオルなどでしばらく温めた後、シャンプーをして流します。オイルはシャンプーをすると一緒に流れるので、手軽に使えて安心です。

 

頭皮 湿疹